琵琶湖畔

9月13日近江八幡へ行く。


まだはっきり決まった事ではないのですが、仕事の調査も兼ね 妻と二人で近江八幡へ出掛ける。
私は、今回初めての近江八幡。豊臣秀次が開町した城下町です。少し観光気分を楽しもうと 水郷巡りの船上の人となる。元々は田舟だった木造和船。櫂のリズムに揺られ、芦原の中をのんびりと進む。水深は、思ったほどの深さが無く、一メートル程だと船頭さんの説明。底にはヘドロが溜まっているそうで、それを水郷の中の田んぼの肥料に。その後でヘドロを田んぼから採取。近江瓦の陶土として利用したそうです。見事な循環型の環境です。約80分の船旅ですが、水鳥の視線で見る水辺の風景は、想像以上のものでした。


e0277335_9453234.jpg



e0277335_9464882.jpg



e0277335_948768.jpg


by miyasaton | 2013-10-08 09:42 | 日々つれづれ
<< 都筑の家近況 都筑の家・構造 >>