春の色。

寒暖の差も少しずつ緩み、朝の空気に優しさが増してきました。そんな中、愛犬の豆と朝の散歩に出る。今年初めて聞くホーホケキョの声。夏の山に帰る準備を終えたのかな・・。
先週の大雨にも負けづ、公園の桜は、満開の花をつけています。毎年繰り返されることですが、春を告げる色が、南からひとしなみに、柔らかに、輝くような桜色のベールで、日本列島をおおい尽くします。繰り返される確かな営みは、心を安らげてくれます。



豊橋の野依八幡宮の枝垂桜。樹齢三百年を超えるそうです。


e0277335_94768.jpg


e0277335_9474057.jpg
by miyasaton | 2014-04-02 09:48 | 日々つれづれ
<< 花見時 着々と進む、東明の家の現場。 >>