東明の家、完成まで後2ヶ月

外壁の仕上が始まりました。吹き付けた仕上材を鏝で押えます。割れ防止の為に、少し大きな骨材が入っているので、鏝ムラの少ない表情を作るのが難しいです。

e0277335_5552624.jpg


部屋の最も高い位置のトップライトからの光が、壁に時間の変化を見せてくれます。老後に向かわれるご夫妻の暮らしを、静かに彩るものとなる事を考えました。

e0277335_61238.jpg

e0277335_614734.jpg
e0277335_621689.jpg

内装の壁や天井の仕上は、外壁と同じ色の仕上ですが、骨材の小さなもので塗ります。表情の落ち着いた鏝仕上になります。
by miyasaton | 2014-05-13 06:08 | 日々つれづれ
<< ビストロ・マナの工事が始まる。 ゆいまーる(賃貸住宅)近況 >>