島根”石見銀山”から”たたらの村”心の栄養補給の旅

e0277335_06244762.jpg
e0277335_06251605.jpg
e0277335_06255875.jpg
e0277335_06262208.jpg
e0277335_06265875.jpg
e0277335_06273408.jpg
e0277335_06280072.jpg
e0277335_06282678.jpg
e0277335_06284803.jpg
e0277335_06290954.jpg
e0277335_06230506.jpg
e0277335_06232866.jpg
e0277335_06235432.jpg
e0277335_06242485.jpg
半年前からの計画でした。今回の豪雨の中ですが、島根地方は雨も少なく,行くことが出来ました。災害に遭い悲しみの中にいる、多くの方の早期の復興を心から願うばかりです。今回の旅の初日は、小雨の中の石見銀山、群言堂、銀採掘遺跡の山、訪れる人も疎らで静かに向き合うことが出来ました。この日は三瓶山に宿泊。八千年前の三瓶山の噴火で埋没した、縄文の林が発掘され、当時の姿のまま保存展示されている自然館へ。樹齢800年の杉の大木、火砕流に流された倒木、生々しい感触のままの杉の大木に手で触れる。三瓶山の美しい山並みを後に出雲へ。雲南市のたたら製鉄の里へ行く。砂鉄の採掘、最上級の玉鋼生産地。広大な山を切り開き、鉄を生産。生産を終えた処は棚田へと姿を変えます。山間の美しい棚田の風景を前に不思議な思いでしたが、それは自然破壊と修復を繰り返した結果生まれた美しい風景でした。その後出雲大社に近い宿へ。翌日は、早朝の大社参拝。神の存在を感じ取れる様な勇壮な本殿の姿は神々しく美しい。出雲を後にして松江を訪ねる。小泉八雲の暮らした家、国宝の松江城を訪ね、旅を終え帰路へ。写真が何故か順不同になってしまいました。最初が群言堂。最後が石見銀山の街,
最後は群言堂入口土間です。

by miyasaton | 2018-07-11 07:53 | 日々つれづれ
<< 野田の家 西羽田の家 >>