<   2012年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

なつめ第三期工事

e0277335_17203283.jpge0277335_17194281.jpg
2004年の第一期、2008年の第二期、そして連休明けにオープンする第三期目の工事です。
大工さん、左官さん、庭師さん、水道工事屋さん、追い込みで頑張ってくれています。小さな現
場ですが、手間を惜しまず仕事をしてくれています。感謝。

by miyasaton | 2012-04-27 17:11 | 工事中の現場

名古屋・諏訪の家地盤改良

e0277335_1530786.jpge0277335_15303524.jpg
今日は、名古屋の現場で地盤改良工事に立ち会う。庄内川の近くで、海に近い地域。ボー
リング調査の結果も10m深部まで全て細砂の地層。液状化の可能性を考え、昨年の東北
震災時に、液状化対策として 実績を残した、砕石を柱状に充填するアクパド工法を選択し
ました。この地域には施 工業者が無く、京都から来ての施工です。
    
by miyasaton | 2012-04-26 15:25 | 工事中の現場

事務所

事務所名  宮里龍治アトリエ

所在地  〒440-0806  愛知県豊橋市八町通3丁目27-2
 
電話番号          080-1555-7518(来年度事務所移転までは、携帯電話のみとなります。)
    
ファックス番号       0532-54-5988

携帯番号          080-1555-7518

e-mailアドレス : rmaa@krf.biglobe.ne.jp

URL : miyasaton.exblog.jp
by miyasaton | 2012-04-26 09:43 | プロフィール

私のこと

1952年山口県宇部市生まれ。
何事にも努力しない子供時代を過ごす。
1971年豊橋工業高校卒業
とりあえず二カ所の地元事務所に四年半勤務、未だ建築に目覚めきらず、眠ったままでした。
欧州へ一人で貧乏旅行に出る。そこで初めてコルビジェの中に包まれる。この時やっと建築に目覚める。
それからは何処にも所属せずに、一人建築を学び現在に至る。

○影響を受けた人々
川合健二(故人)(システムエンジニア)と花子夫人
太田省吾(故人)(演出家、劇作家)
古舘克明(故人)(建築写真家)
森岡成好(陶芸家)
残念ながら、お会いできなくなった人達を含め、生き方、創造の在り方を学びました。
 
by miyasaton | 2012-04-25 18:30 | プロフィール

朝の散歩道

e0277335_10332588.jpg
e0277335_10342824.jpg
今日は30分遅いスタート。日が高く昇っていて、初夏ような日差し。芽吹いた若葉が気持ち良い。

by miyasaton | 2012-04-25 10:39 | 日々つれづれ

建築探訪1

新城市にある幻庵(1975、石山修武設計)
e0277335_95214100.jpg
e0277335_1011417.jpg
e0277335_1015799.jpg

名倉にある松井さんのツリーハウス(知人)
e0277335_1034353.jpg
e0277335_1043216.jpg

浪合フォーラム(1997、中村勉設計)
e0277335_1054777.jpg
e0277335_1062596.jpg
e0277335_1065964.jpg

浪合村立浪合学校(1991、湯沢正信、長澤悟設計)建築学会賞受賞
e0277335_1074162.jpg
e0277335_1083044.jpg
幼稚園
e0277335_1094596.jpg

飯田市にある小笠原家書院+小笠原記念館(1999、妹島和代設計)
e0277335_1011209.jpg
e0277335_10114938.jpg
e0277335_10122661.jpg
e0277335_10125193.jpg


飯田市美術館(1989、原広司設計)
e0277335_10134668.jpg
e0277335_10142126.jpg
e0277335_10151173.jpg
 

今日は朝からスタッフと一緒に、慰労と気分転換を兼ねて建築探訪に出掛けました。事務所から
長野県方面を目指す。
最初に訪ねたのは幻庵。何度も行った事のある場所ですが、数年振りに行ってみると川を渡る木の
橋が無く、周囲にあった杉林も一段と生茂り、僅かに姿が垣間見える状態です。浅瀬を見つけ、川を
渡り近づいてみる姿は、まるでモノリス。時空を超えて存在しているかの様な幻想的な空間になって
いました。主人を亡し時空をさまよい続けるのか。
国道275号線から少し入った所にあるツリーハウス。豊川に住む知人の松井さんが一人で作ったもの。
数年前に松井さんに招かれ、小さなツリーハウスの中で友人夫妻と私の家族で味わった天ぷらが美味
かった。
ツリーハウスを後にして長野県境へと車を走らせる。山は桜や桃、山つつじの花で溢れんばかりの彩で
す。県境を超え長野に入るとすぐに浪合村。国道から脇道に入ると、川を挟むように二つの公共施
設が見えます。うーん何と言ったらいいのか?この地域環境に適した形態なのだろうか・・・・さあ蕎
麦を食いに行こう。
飯田市に入り、小笠原家書院を訪ねる。400年を超え存在し続ける姿が美しい。昭和30年代まで
住居として使っていたそうです。この書院の背景に、緩やかな曲線のガラスファサードが控える。ガ
ラスの扱いは流石です。館内からの見え方も面白い効果を持っています。しかし資料館の機能を満
足 させているかは・・? エントランスに向かうスロープは裏口?雨や雪の日に、登れるのかな?
飯田市の中心に有る美術館に向かう。本日最後の建築です。築23年にして、かなりくたびれた姿。
残念ながら臨時休館中で館内には入れない。外部階段で建物の上を一回り。うーん冠雪を残す美
しい南アルプスの姿が・・・・見えない。
快晴の天気の中、少々疲労感を伴う、充実した一日でした。

by miyasaton | 2012-04-24 21:22 | 日々つれづれ

賞・展覧会

☆賞

1986年中部建築賞入選(菰口の家)

1988年中部建築賞入賞(四辻坂)

1988年商環境デザイン賞奨励賞(四辻坂)

1989年豊橋市都市デザイン文化賞(ギャラリー濫觴)

1989年伊豆リゾートの家コンペディション 佳作

1998年豊橋都市デザイン文化賞(ボレロ吾妻家)

1998年豊橋市都市デザイン文化賞(カフェアコーディアナ)

1999年第一回提案競技「大地に還る家」コンペディション 佳作(平山の家)

1999年静岡県「住まいの文化賞」優秀賞(平山の家)

1999年「すまいる愛知住宅賞」名古屋市住宅供給公社理事長賞(つつじヶ丘の家)

2000年愛知県リフォームコンテスト 優秀賞(久曽神邸)

2011年中部建築賞入賞(むさしの幼稚園)

2012年キッズデザイン賞優秀賞(むさしの幼稚園)

2018年豊橋市都市デザイン文化賞(二川幼稚園)

☆展覧会
1988年 個展「KAWAYA」   キュービクギャラリー(豊橋)
1989年 個展「BOTU」      キュービクギャラリー(豊橋)
1991年 選抜展 「変貌する公共性」100人展 熊本県美術館・トゥインビーホール(名古屋)・東京デザインセンター.ガレリア(東京)
1993年 選抜展 「変貌する公共性」50人展 アメリカ巡回展
1993年 選抜展 「ランドスケープ」 YKK R&Dセンター(東京)
1997年 企画展 「重い、想いの舎」三人展(陶芸家森岡成好、陶芸家内田鋼一とのコラボ展)  ギャラリー濫觴(豊橋)  
by miyasaton | 2012-04-20 16:58 | プロフィール

Happy Birthday

e0277335_944810.jpg

和歌山の全寮制高校に通う娘の帰宅日で誕生日。窓に飾られたハッピーサプライズ!
母の愛情のこもったプレゼント。
日々の暮らしを豊かにするのは、こんな心遣いですね。
by miyasaton | 2012-04-20 08:21 | 日々つれづれ

朝のカフェ

e0277335_10295891.jpg

今朝は、自宅近くの市役所1階にあるカフェへ妻と二人で朝食に出かける。ガラス越しに
公園と向き合うカウンターに腰掛け、小雨の降る中、出勤を急ぐ人たちを眺めながら、
ゆっくりカフェタイム。
by miyasaton | 2012-04-19 10:27 | 日々つれづれ

カフェ アコーディアナ  1998年 豊橋市都市デザイン文化賞

e0277335_23403378.jpg
e0277335_23405818.jpg
14年前の新築当時の姿です。



e0277335_8102322.jpg
e0277335_8112582.jpg
現在の姿です。木々は大きく育ち、店の中にいると、山のカフェにいるようです。
植物は成長します。それを見越した計画が必要です。
時を経るほどに魅力的な空間になることがいいですね。


豊橋市の効外。かつて畑や屋敷林の残る自然の豊かな場所でしたが、区画整理されることで全
ての緑地が取り払われ、剥き出しの土の風景になってしまった場所に計画した喫茶店。
木々に囲まれ、音楽とお茶を楽しむ空間として、長く愛される場所になることを目指し計画しました。

by miyasaton | 2012-04-17 23:41 | これまでの仕事:店舗その他