<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

盛夏・・朝の散歩

朝の6時前ですが、気温は高く、足取りが少し重い。
沈黙の夏・・・田んぼの風景。カエルの声をもう何年も聞いていません。
e0277335_9374677.jpg
e0277335_940021.jpg
散歩道の途中に、人の住処の気配。竹林の7賢人の住まいか・・・・
e0277335_94148.jpg
散歩コースに在る田んぼ。もう何年も水を張った田んぼにオタマジャクシの姿を観ません。唯一元気な姿を見るのはジャンボタニシ。見事なピンク色の卵が水路の壁に幾つも付いています。気持ちの良いものではありません。南米原産の巻貝。日本へは1981年頃、台湾から持ち込まれたもの。元々はアジアの蛋白源として輸入されたらしい。繁殖力が強いようで、稲の食害に困っているようです。気づかない内に足元の環境が変化しています。長い時間のサイクルで、農業生産と環境保全との接点を見つけられないものだろうか。資本主義の原理の中に組み込まれた農業政策からそろそろ脱却しないと・・・・・・、明るい未来を残したいですね。

by miyasaton | 2012-07-28 09:41 | 日々つれづれ

猛暑

猛暑!酷暑!コンチクショウ!

e0277335_1649616.jpg
e0277335_16502288.jpg

今日は7月27日。土用の丑の日。時刻は午後4時40分。4時頃の日差しの下では40.5度を記録していました。さすがに今日は午後からはエアコンを入れっぱなしの状態。(28度設定)。今シーズン初めてです。これまで出来る限りエアコンを使わないで仕事をしていたのですが、、さすがにこの暑さでは元々働きの悪い脳の作動が緩慢になり仕事になりません。大きな時間の流れでは地球は氷河期に向かっていると言われていますが、如何な物かな?この地方も熱帯化しているのではとの思いが強くなるばかりです。

by miyasaton | 2012-07-27 17:02 | 日々つれづれ

上棟

名古屋二世帯住宅の上棟
今日で梅雨も明け、35度を超える暑さの中みんな黙々と作業進めてくれています。感謝。
e0277335_105664.jpg
現場は庄内川近くで水害を考慮に入れ、床高を1.1メートルに上げています。サイズの大きな床部材を使い、1階床下に広い収納スペースを確保します。
e0277335_10562157.jpg
無事作業を終え、御幣を大黒柱に取り付け上棟の祈念をして無事終了です。
e0277335_1058892.jpg

by miyasaton | 2012-07-19 11:12 | 工事中の現場

河口湖へ

磯江毅展を見に河口湖へ。
礒江毅がどうしても見たくなり河口湖ミューズ館へ行くことにした。初めて三ケ日ジャンクションから新東名に乗る。カーナビを更新してない為、三ケ日インターから入り名古屋に向かう逆方向への走行に少々ドキドキ。三遠南信道への分岐を過ぎた所でやっと落ち着きを取り戻した。カーナビを見ると、其の後はずっと道無き道を行く。ほぼ全工程が片道3車線で、路肩も広く又山間部を抜ける開放的な道は、疲労感も無くとても快適。ただサービスエリアは何処も満車です。河口湖へはずいぶん昔来た事が有ったのだが、カーナビが有るにも係わらず、迷いながらミューズ館に到着。少々不安になる様な施設。それは観光地のお土産売り場の一部を人形作家の与さんの記念館と謳っている様な所。人形展示の最後に、大した案内もなく礒江さんの作品が展示されている。見学者はこれも人形作家の与さんの作品と勘違い。誠に残念な展示のされ方です。礒江さんの作品は期待通りの深く力強いものです。しかし残念な事に、ぞろぞろと入って来る磯江作品に無関心な人達の喧騒に、気持ちを削がれてしまいました。この施設の隣は花盛りのラベンダー畑。何処にでもある人寄せの為の仕掛け。対岸の河口湖美術館のカフェで一休み。商業施設に無い心地良さにホッとする。何時もの調査不足(行き当たりばったり)で、何となく入った甘味屋さんのランチが、デザートの甘味も含めとても美味しく、店主の気配りも優しい、観光地には珍しく気持ちの良い店でした。梅雨の真っただ中、心がけの良い私達に?富士山も神々しい姿を雲の上に見せてくれました。
河口湖
e0277335_1672229.jpg
蜂には嬉しいラベンダー畑
e0277335_168222.jpg
ホッとする静かな河口湖美術館のカフェから河口湖を望む
e0277335_1681831.jpg
富士山は何時見ても特別な感情を生みます。
e0277335_1684987.jpg

by miyasaton | 2012-07-08 15:54 | 日々つれづれ

材料検査

今日は蒲郡市のプレカット工場へ出向き、名古屋で工事中の住宅構造材の材料検査。海に面した貯木施設の有る大きな木材工場です。出来る限り地域材を使いたいと考え、今回初めて三河、天竜産の杉を三枚の板材に加工乾燥したものを張り合わせた梁材を採用。強度の安定と乾燥による割れの無い材料である事、又丸太からの製材工程でのロスの少なさも、今後の地元材の有効利用の広がりに繋がるのではと考え採用しました。化粧に使う梁材の選び出しは、やはりなかなか難しく全体の30パーセントといった所でしょうか。割り切って考えた意匠にする事でそれも解消されるレベルではあります。長いスパンで林業生産や山の環境保全に繋がる事も考えて行きたいものです。


e0277335_10422489.jpge0277335_1043082.jpg
e0277335_1043247.jpge0277335_10434098.jpg

by miyasaton | 2012-07-04 10:32 | 工事中の現場