<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

神戸から芦屋

7月15日。仕事の用事で神戸まで出掛ける。震災直後に訪れてから、久し振りの神戸。震災時の面影は何処にも見当たりません。用事を済ませ、阪急電鉄の芦屋川で降車。厳しい日差しの中、もう一つの目的、ライトの設計した山邑邸(ヨドコウ迎賓館)を目指す。
e0277335_16322455.jpg
駅から山側へ向かうと、さほど遠くない小さな丘の中腹に、埋もれるように姿を見せていました。
e0277335_16351468.jpg
アプローチから切り返すように港方向に進むと、車寄せの下へと出る。玄関ドアと気付かないような小さなドアが、迎えてくれます。

e0277335_16411891.jpg
少し薄暗い室内から、あらゆる方向に視線が広がります。見学者も疎らで、この空気感をゆっくりと味わう。
e0277335_16445567.jpg

e0277335_16464226.jpg
e0277335_16481056.jpg
e0277335_16491013.jpg
e0277335_1650729.jpg
e0277335_16504865.jpg
e0277335_16514876.jpg
e0277335_16524728.jpg

1918年ライトにより基本設計を完成。この時期からライトの住宅で、軸線が長く伸びてゆくプランが始まるようです。此処では稜線に添うように下から上へと、軸線が登り、最上階部分で少し右へ折れたプランとなっています。包み込まれ内省するかのような意匠の開口部に囲まれているのですが、動き出す先へ先へと視線が流れ、遠望する神戸の街や、谷に広がる緑と向き合います。この住宅以降、明らかにプランが変わります。ライトの住宅作品の代表作、カウフマン邸(落水荘)へと、新しい住宅の考え方を完成させたのでしょうか。自由学園の”明日館”以来の、ライト建築を堪能しました。
by miyasaton | 2015-07-30 17:15 | 日々つれづれ